インタビューイベントマックスブログプロフィールpowered by MAX POWER

大橋裕之氏インタビュー「シティライツ1巻発売!~自費出版からはじめました」(5/8)

11/10/15 10:00

interview_terada.jpg




5 高校時代その2


―そんなシャイな大橋さんが高校でバンドをはじめた?

バンドはやりたかったですよね。
楽器は全くまともに出来ないんですけど。(笑)

―ちなみに何の楽器をやってたんですか?

皆で何でもやってたんですよ。
カセットMTRで録音したりして。

―あ、そういう一式を持ってる友達がいたんですか?

いや、友達がギター買ったり、ベース買ったり
僕はドラムセットを人から貰ったりして・・・

―ドラムセットを貰えたのは随分とラッキーですね。

なんか、使わないっていう人がいて。
でもバスドラは2階の床が抜けるからやめろって言われたんで。

―え?バスドラ無しで?

そうなんですよ、だからバスドラは貰わなくて。

―ちょっと変則的なドラムセットからのスタートで(笑)

まぁ、そんな感じでやってましたね。

―じゃあ一般的な「BANDやろうぜ」的なコピーからはじめるわけでなく?

そうですね。

―何というか、ノイズ系のプレイスタイルな感じですか?

どっちかっていったらそうですね。

―もともと、そういった音楽が好きなんですか?

特にそうではないですけどね。普通にビートルズとか好きですけど。
で、なんか1回だけ町の音楽フェスっていうのがあって・・・

―『音楽と漫画』(※)にも出てくるような?

そうなんですよ「蒲郡ロックフェス」っていうのがあって。
そこに、友達3人と出て。

※『音楽と漫画』:太田出版より2009年に発売された大橋裕之の4作の漫画が収録された初単行本。

―おぉ!


持ち時間30分位あったんですけど、ずっとグチャグチャな即興みたいなのをやって。
そうしたら、見に来てくれてた友達に怒られまして。
「ちょっとは客のことを考えろ!!」って(笑)

―ははは(笑)ちなみにどんなバンド構成で?

その時は、ドラムとギターと電子ピアノみたいなのでしたね。

―じゃあ「音楽と漫画」は自身のバンド体験を元に描かれていたんですね。

あそこまで純粋にやってたわけじゃないんですけどね(笑)

―それで、時が経ち高校卒業へと近づき進路指導みたいなので、先生に「卒業後どうするんだ?」とか聞かれたら・・・

プロボクサーになりますって(笑)

―よく言えましたね(笑)

先生に「はじめの一歩の読みすぎだろ?」と言われて。
俺、目もめちゃくちゃ悪いですからね。(笑)

―親はそうした部分はほったらかしな感じなんですか?

そういうわけでもないんですけど・・・親もすげぇ心配してたと思うんですよ。
でも、言ってもどうにもなんないだろうなって思ってたんじゃないですかね。



『シティライツ』発売イベント

10/23(日) 場所:中野タコシェ 時間:16~18時
「大橋裕之サイン会+あなたを主人公にした1コマ漫画を描きます」 

10/30(日) 場所:京都ガケ書房 時間:19:30~
「大橋裕之のまんが道場」 定員60名 参加費1500円

11/5(土) 場所:ヴィレッジヴァンガード下北沢店
「大橋裕之サイン会」

11/13(日) 場所:タワーレコード新宿店7F
「大橋裕之インストアイベント+サイン会」

11/14(月) 場所:新宿LOFT  時間:OPEN / START 18:00
「大橋裕之<シティライツ>発売記念ライブ企画~シティナイツ~」
料金:ADV 2300円 / DOOR 2500円
<ライブ>マリリンモンローズ/Paradise/平賀さち枝/GELLERS
<トーク>大橋裕之/坂本慎太郎/いましろたかし/中原昌也/しまおまほ/他
<フード>高円寺「音飯」(山形料理)
<物販>高円寺「光」/タワーレコード新宿店/バサラブックス


大橋 裕之 (おおはし ひろゆき)

1980年生まれ。愛知県出身。2005年、自費出版活動開始。
2007年、「QuickJapan」にて初商業誌デビュー。
2010年、モーニング・ツーにて『シティライツ』連載開始。
著書に『音楽と漫画』(太田出版)『シティライツ』(講談社)
その他、バンドや紙芝居など多岐に活動中。

BLOG) 大橋裕之ブログ



Twitterでのつぶやかれ


大橋裕之インタビュー寺田克也インタビュー根本敬インタビュー蛭子能収インタビュー根本敬インタビュー石原まこちんインタビュー